■山田農園で生産しているじゃがいもたちの紹介です。

日本のじゃがいもの中で一番知られているおいも、男爵。名前の由来は1908年(明治41)に、函館ドック社の専務であった川田竜吉男爵が導入したので「男爵薯」と呼ばれるようになりました。形は球状でくぼみがあり、ぼこぼこしているのが特徴です。肉色は白色の粉質で、でんぷんが多く、ホクホクした食感が特徴です。煮くずれしやすいので、塩ゆでやポテトサラダ、コロッケなどに向いています。

「男爵薯」とともに日本の2大品種の一つ。メークインという名前は[May-Queen]からとられたもので、花の女神フローラの祭りに村娘から女王を選んだことに由来します。日本には1917年(大正6)にイギリスから導入され、昭和30年代に関西方面から人気が広がり全国に知られるようになりました。肉は黄白色のきめ細かな食感です。煮くずれしにくので、煮ものやシチュー、カレーライスなどに向いています。
「男薯爵」と「ツニカ」を交雑させ、じゃがいもシスト線虫抵抗性遺伝子を組み込んで作出された品種です。名前の由来は北海道の線虫発生地域のじゃがいも作りに光をもたらす、という意味で「キタアカリ(北光)」と名付けられました。形は小ぶりで皮色は黄白色、くぼみはやや浅くて赤いのが特徴です。肉は黄色でホクホクとしていて甘みがあります。煮くずれしやすいので、ふかしいもやポテトサラダ、コロッケに向いています。

赤いジャガイモ・レッドムーンは栽培がむずかしく、まだ生産量の少ない品種です。安定した品質で上質のレッドムーンを作れるのは北海道でも数軒の農園だけです。表面はくぼみが少なくて赤く、肉は黄色でホクホクした食感が特徴です。収穫後に甘味を増しさつまいものような甘さになります。 煮くずれしにくいので、煮物やシチュー、カレー、フライドポテトなどに向いています。

山田農園ではいも堀り体験を行っています。じゃがいもがどんな風に生えているか見たことがない・・・。じゃがいもを一度掘ってみたい!という方、一緒にじゃがいもを掘ってみませんか?詳しくはお問い合わせ下さい。